月別アーカイブ: 2019年2月

借入で給料日前は乗り切る!お金を借りるときの注意点は?

基本的に私はいつもお金が無いです。

働いている時はお金があったので良かったんですが、私が仕事を辞めてから、夫の給料だけでやりくりするよになってから、やっぱりお金が無いなぁと思うようになりました。
それもそのはずですね、私は正社員だったので月に18万円は手取りでもらっていたのが、まるごと無くなったんですから。
でも、会社を辞めざるを得ない事があり、また再就職出来ない状況なので、働けないのです。

いつも本当に25日の給料日が待ち遠しいです。でも25日の給料日も、お金がないなぁと感じる瞬間でもあります。
給料振込と同時に、それを引き落として家賃を振り込みます。光熱費は引き落としされ、2台のスマートフォンの携帯電話料金と、インターネットプロバイダーにも料金を払います。通信料だけで2万6千円もかかります。
そして、夫のおこずかいと、毎月の生活費を引き落とします。
さらに27日には、カードの支払日がやってくるので、前々月くらいの請求をされます。ちなみに今月は多くて9万7千円を請求される予定です。よって、27日は戦々恐々とした気分です。
一度急な出費が重なって家賃が払えないことがありました。
どうしようか困った時に借入し、どうにかなりました。

毎日節約しているんですが、時々夫と外出した時にカフェに入っただけで、2人で3千円の支払いをした時にお金を使いすぎちゃった、などと少し焦ります。
550円のカフェラテと、650円のパンケーキを食べただけ、夫も同じような感じで頼むんですが、本当にカフェは高いなぁと感じてしまいます。

また自分の化粧品を買った時に、お金が無いなあと感じます。私の肌は敏感肌なので、あるメーカーの基礎化粧品からファンデーションをライン使いしています。このメーカーは伊勢丹などの大手の百貨店かネットでしか購入できません。ラインで全部そろえると、3万円はいってしまいます。月で割ると、だいたい1万円は基礎化粧品代に消えてしまいます。

実家に帰省する時にも、お金が無いなぁと感じます。私たちの実家は九州の為、飛行機で2人で往復7万円もかかってしまいます。年に2回は帰省するので、14万、お土産代や諸経費を合わせると、年で18万ほど帰省費がかかります。

給料日までお金が全然無いという時は、家から一歩も外に出ません。これで1日0円を数日間続けて、ようやく給料日といった感じです。